休日にやりがちなアレがカラダを悪くする。

寝だめ、寝過ぎ、布団から出れない…

布団でゴロゴロ最高!!!!!!!!!

ってやっちゃった方、


こんなにやばいなんて。。。

寝だめ、寝過ぎは不健幸の始まりです(笑)



ってことで

今日から寝だめはやめましょう。


睡眠不足は良くないって記事はたくさんありますが

実は、睡眠をとり過ぎ、

もしくは起きてても布団でダラダラ過ごしている

もしくは寝だめをするなどしている人は

睡眠不足と同じくらいかそれ以上にやばいかもっていう研究がありました。



その前に

睡眠取り過ぎっていったい何時間なのよ?!

って疑問に思いますよね⁇


さてさてこの土日、火曜日も祝日でしたが、

何時に寝て何時に起きましたか⁇

週末で油断して結構寝っちゃった人いませんか⁇⁇



寝過ぎと言われる時間は

意外や意外、

なんと9時間以上布団にいることです。



ちなみに一番健康的で

長寿と言われる睡眠時間は

6-8時間睡眠です。


私はばっちり枠内です(笑)


ではでは本題に行きます★



寝過ぎのデメリット

★癌、糖尿病、心疾患のリスクが増えます

必然的に寿命は、短くなってしまいます。

さらに自分の健康も害する上に

癌、糖尿病、心疾患になってしまうと

医療費もかかってきますね。

好きなことできません。


★脳卒中を起こすリスクも上がります。

血行が悪くなり、血管が詰まります。

人は、そもそも動くように出来ています。

本来は歩き回って生きている生き物で

脚の筋肉を使い、脚の筋ポンプとなって

血行に詰まりなどなかったのですが

座わる時間が長い・長く寝ると血行が詰まりやすくなり

脳卒中リスクが上がります。


回遊魚のように寝ずに動き回れ

ってことではなく

一定の睡眠時間を取って

その後、布団の中でダラダラするのではなく

起きて、日常生活を過ごそうってことです。


★太ります。

肥満はイカンです

ヒマンイカンです。

日常生活に使う消費カロリーって

500-1000キロカロリーって言われてます。

その日常生活に使うカロリー数が減ります。

筋トレやランニングなどで使うカロリー数って

意外と300キロカロリー前後くらいだったりします。

起きている時間が短いと

必然的に運動している活動している時間が短くなります。

なので

肥満にも繋がってきます。


★慢性痛悪化します

背中が痛くなったり

肩こり腰痛関節痛がひどくなったりします。

これは後半に出てきますが

炎症値と言われるCRPが増えることや

免疫機能がおかしくなることと

関係があるのかもしれません。


★メンタル悪化

気分が滅入ってきます。

長期的にダラダラすると

なぜかやる気が出なくなる。。。

沢山寝たのにやる気がでない

ではなく

寝過ぎたから疲れが取れず

やる気が出ないです。




ここまでくると

元々病気がちだったり

元々カラダの不調だった人が

元々寝過ぎなだけなんじゃないか

って思いますよね⁇


これしっかり検証されていて

若い健康な男性を対象

いつもより2時間長く寝てもらい

3週間続けてもらいます(笑)

拷問のような実験(笑)


結果、

脳機能の低下

鬱傾向が強くなりました。

さらに

背中が痛いという

カラダの不調を訴える人が増え、

やはり慢性痛が悪化したそうです。


また、これが凄い。

★体内の炎症が増える。

寝ているだけなのに

CRPという炎症値を計る単位になりますが

この炎症値が増えることもわかりました。

恐怖( ゚Д゚)




★免疫機能も落ちます。

免疫機能システムがおかしくなり

炎症が増えるらしいです。

風邪が引きやすくなり、

インフルとかもかかりやすいですね。



と、こんなにも

カラダ・メンタル・脳を壊すことだらけなんです。


平日寝不足で

週末寝だめしている人たちは

平日は寝不足で体調悪化

週末も寝過ぎで体調・脳・免疫機能・メンタル悪化

ダブルパンチで

沢山寝たのに疲れが取れないのは

当たり前という事です(笑)



実験ではでは無理やり長く

寝るって書かれていましたが

無理やり長く寝るなんてできないのがふつうです。(笑)

ということは……

そうなんです。

布団でゴロゴロしてただけなんです。(笑)(笑)

それで出たのがこの結果です。

だから寝てなくても寝てなくても布団の中で

ゴロゴロして携帯携帯を見たり、

何かしてて布団から出ない時間が

9時間以上になると

この不幸が訪れます…。(゚Д゚;)(゚Д゚;)




じゃあどうすればいいの?😱😱

というお話ですが

ダラダラ寝ていると

睡眠の質が落ちるのがほとんどです。


なので

6-8時間の決められた時間で

きっちり質の高い睡眠をとればいいんです。


ですが

眠れない・寝付けない・会社の飲み会でどうしても遅く寝てしまう

そんな時!!!!!!

起きる時間を一定にして下さい。

何時に寝ても6-7時に起きる習慣をつけることで

体内時計が戻りやすくなり

夜には必然的に眠くなり

寝れます(^^♪

起きるって活動を開始するってことです。

布団から出ないと意味ないよー(笑)



そして

寝れない・寝付けない不眠症の方には

「mind shuffle」

というアプリもおススメ。


聞いて連想するだけの

簡単なものですが

寝れます(笑)


科学的なエビデンスをもとに

メンタリストのDaiGoさんと

弟の亮吾さんが作ったアプリになります(^^♪

無料なのでぜひ試してみて下さい(´ω`*)



ではでは

快眠で健康で疲労の感じない朝が迎えられますように。

HAPPY Thursday💜

24回の閲覧