腰椎椎間板ヘルニア


前回は首のヘルニア 『頸椎椎間板ヘルニア』について かきました!


今回は腰のヘルニア 『腰椎椎間板ヘルニア』について かいていきたいと思います!




腰椎椎間板ヘルニア◇

椎間板はゼラチン状の髄核と そのまわりにあり コラーゲンを含む線維輪から できています!


頸椎椎間板ヘルニアとは少し違って 線維輪に切れ目ができて そこから髄核が出てきてしまい 腰椎・仙骨のところにある神経の束 (馬尾)や神経根を圧迫する病態です!



このような機械的な圧迫だけでなく 炎症症状を引き起こす要因となる 炎症性サイトカインによる 科学的な刺激や血行障害などで 神経症状が生じたりします!


男女比は2対1で 20〜40歳代での発症が多いです!




◇原因◇

椎間板変性を土台として 労働・スポーツ・外傷による負荷が加わり 発症することが多いです!


椎間板変性は 喫煙が大きな原因となるそうです!!


さらに! 遺伝性があるとも考えられています!




◇症状◇

腰痛・片方の下半身の痛み・ しびれなど!


痛みは激しく運動は制限されてしまいます!

筋力の低下・感覚障害・歩行障害・ 膀胱直腸障害などをまねくことも…




◇診断◇

しびれや痛みを確認する 誘発テストでヘルニアを疑い 神経学的検査所見画像所見などによって 総合的に診断されます!

MRIでヘルニアと確定されます!



◇治療◇

腰椎椎間板ヘルニアの 約80%は手術をしない保存療法です!



保存療法で痛みが改善されない場合は 手術が必要になります!!

重い神経障害(麻痺や膀胱直腸障害) がある場合は早めに手術をすることが 望ましいです!




タバコも大きな原因になっているみたいで びっくりしました!!



20~40歳代に多いといわれていますが

高校生でもなることもあります!



普段から姿勢をよくすることも

もちろんですが

トレーニング時には

正しい姿勢を意識することも

予防につながりますよ!



ずっと同じ姿勢でいるのも 避けるようにしてください!!


適度に姿勢を変えながら

休憩もしながら頑張りましょう(^^)/




ではまた('ω')ノ








14回の閲覧