膝の痛み 『ジャンパー膝』

こんにちは!



皆さんは膝の痛みに悩まされたことはありませんか?



今回はスポーツをしている人に多い

『ジャンパー膝』についてかいていきたいと思います!



『ジャンパー膝』『膝蓋靱帯炎』ともいわれます!


バレーボールやバスケットボールで

ジャンプや着地動作を頻繁に行ったり

サッカーのキック動作やダッシュなどの動作を

繰り返したりするスポーツに多く見られる

使い過ぎによる膝のスポーツ障害です!



症状はジャンプをするときや階段を上るとき、

深くしゃがんだりするときに痛みを生じます!



股関節の屈伸動作を頻繁に、長期にわたって行う場合

膝の伸びる仕組みに過度な率引力が繰り返し加わることで

膝蓋骨周辺に微細損傷を引き起こします!



膝蓋靱帯ではその傷を治すため血管が余計に増えてしまいます!

病態は腱に出血、浮腫などの変化をきたし

微小断裂やまれに完全断裂に至ることもあります!



原因として使い過ぎの他に

太ももの前のほうにある「大腿四頭筋」の柔軟性の低下があります!



特に、成長期の長身選手は骨の成長に筋肉の成長が追い付かず

結果的に筋肉が硬い状態を招いた結果

その負担が膝蓋骨周辺に蓄積するためにおこる障害です!



レントゲンでは分かりませんが、MRIでは分かることもあります!



痛みがありながらプレーを続けると治りにくくなります!


また、痛みをかばいながらプレーを続けることが多く

それが原因で体のバランスを崩してしまい

パフォーマンスが落ちることがあります!



治すためには「安静にする」「運動のペースを緩める」ことが必要です!


また、悪化を防いだり、予防のために

「ストレッチ」を行ったりすることも大切です!

運動するときにはサポーターをつけてストレッチと

練習後のアイシングを徹底して行いましょう!




私も膝を痛めたことがあって今考えてみると

『ジャンパー膝』だったのかなと思います!


私の場合は痛みがありながらもスポーツを続けていました (>_<)

すごく後悔しています (>_<)


やっぱりけがはちゃんと完治させてから

復帰することが大事だと思います!


けがを起こさないための予防も大事なので

準備運動などもしっかりと行いましょう!



ではまた(‘ω’)ノ



3回の閲覧