痛みの原因『炎症』って?

こんにちは!


皆さんはスポーツや仕事でどこかを痛めたりして

整形外科などに見てもらったことありませんか?


私は膝を痛めたときに整形外科に行きました!


そのときに整形外科の先生に

「膝の内側の靱帯の『炎症』ですね~」と言われました!



『炎症』ってよく聞きますが

いったいどんな状態なのでしょう??


『炎症』とは

痛み (Dolor ドロール)

腫れ (Tumor ツモール)

発赤 (Rubor ルボール)

発熱 (Color カロール)


 この4つの要素を含む病気の状態のこと!



上のアルファベットはラテン語なのですが

Tumorは英語の tumor (腫瘍) に

Ruborは英語の red (赤) に

Color は英語の calorie (カロリー、栄養や熱の単位)に繋がっています!


つまり!

炎症があるということは

痛み・腫れ・赤み・熱感が体のどこかにあるということなんです!


4つすべてがあるとは限りません!

そして、その原因も様々です!


シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)腱鞘炎

五十肩(肩関節周囲炎)なら使い過ぎが原因です!


足首を捻挫して靱帯損傷を起こすと内出血して腫れてきますが

同時に炎症も生じ、周りの組織が炎症を起こして

腫れ・熱感・痛みを生じます!


また、扁桃腺炎結膜炎などの炎症は細菌やウイルス感染が原因になります!



しかし!

『炎症』とは違う原因で痛みを生じることもあります!



その原因は神経そのものが傷ついてしまうことです!


これを『神経性疼痛』といいます!


末梢神経をケガしたときや、圧迫・牽引されたときにも生じます!


糖尿病では末梢神経が冒され痛みやしびれが出ますが

これも神経性疼痛です!




私も!多分!

『神経性疼痛』の経験ありました!

診断はされていないので確実かは分かりませんが(・∀・)


それは「尾てい骨」を痛めたときです!

尾てい骨は腰のほうにあるしっぽになるはずだった骨のことです!


歩いても、座っても、横になっても痛くて

夜寝るのも大変でした(>_<)


痛みがひどいので整形外科に行ってMRIを撮ってもらいました!


撮り終わって結果を聞きに行くと先生に

「招待状をかくので病院の方に行ってください」と言われました!


骨の異常は全くなかったのですが

何かが異常な大きさで見られたのです( ゚Д゚)


数日後に病院に行ってみてもらうと

体内に腫瘍がありました!!!


卵巣腫瘍だったのですが良性だったので

中の腫瘍を取り除くだけの手術をしました!


手術が終わって普通の生活ができるようになると


なんと!


尾てい骨の痛みが無くなっていたのです!!


腫瘍によって神経が圧迫されていたんじゃないか?!

と今も勝手に思っています(・∀・)



やっぱり痛みがひどければ我慢せずに


整形外科や病院にみてもらうべきですね!


自分が思っているのとは違う原因があるかもしれませんよ!


ではまた(‘ω’)ノ






25回の閲覧