牛乳・乳製品ってカラダにいいの?

最終更新: 2019年8月19日

「牛乳を牛さんが飲むと死ぬらしいよ」

と友人トレーナーに言われ

本当なのか牛乳について調べてみました。

ちなみに私は牛乳が大好きです。(笑)

調べた結果…

牛さんが飲むと死ぬ

という記事は見つからず…

(誰か教えて~~~~(笑))


牛乳がなぜ身体にいいと言われているのか

なぜ悪いと言われているのかがわかりました。

色んな意見がある中で、私が1番納得したことは、ハーバード大学研究者さんが言った

「乳製品の積極的な摂取を勧めるエビデンスがない」ということ。

結果、私は、「牛乳は身体に良くない、リスクの方が高い」

という結果にいきつきました。

日本でも牛乳については賛否両論ですが、アメリカでも賛否あるそうです。

アメリカ農務省さん→乳製品は健康にいい、食事ごとに摂取することを推奨

ハーバード大学研究者さん→乳製品の積極的な摂取を勧めるエビデンスはない

と意見しているそうです。


2015年、アメリカ臨床栄養学会誌に発表されたものに

80万人を対象に研究した結果に、

「1日400g当たり乳製品の摂取量が増えると前立腺がんリスクが7%上昇する」

とあります。そして、この研究で、

「牛乳、低脂肪乳、チーズなど、どんな乳製品でもリスクは上がる」ことが示されました。


また、日本の厚生労働省研究班も95年と98年に45歳ー74歳男性4万3000人を2004年まで追跡調査しています。

乳製品の摂取量によって4チームに分け分析した結果、

最も乳製品を摂取しているチームは、ほとんどとらないチームに比べ、

前立腺がんの発症が約1.6倍になったそうです。摂取量が多いほど危険性が高まる傾向が見られました。


さらに、卵巣がんリスクは、牛乳1日1杯多く飲むごとに13%リスクが上昇する研究、論文があるそうです。

出典元は、国際がん学会誌に掲載された論文です。


世界的にも牛乳を飲まない方がいいと認識が拡大しているらしく、

アメリカの牛乳の消費量は急激に落ちてきています。

1950年に比べ、2010年には消費量は6分の1以下まで落ちています。


その他、こんなリスクがあるかもしれないという記事もありました。

(これは可能性としてはあるけど、私はあんまり信じてない(笑))

★骨粗鬆症→ハーバード大学研究論文有

★乳がん ★虫歯虫歯

★アレルギーアトピー喘息→腸に負担をかける=免疫機能を狂わせる

★白内障→乳糖ガラクトースを分解する酵素が少なくて、最終的に目に溜まり、白内障

★心臓病や脳卒中→脂肪分が血中で悪玉コレステロールになり、血液がドロドロになり、血管が詰まりやすくなる

★骨も弱くなり、寿命も縮まる(スウェーデンの研究チームが発表)→D-ガラクトースは寿命を縮めて老化を促進

★女性の方が大きく差があり、影響を受けやすい(スウェーデン研究チームより)

などなど

ですが、

ハーバード大学研究者さんたちは、牛乳1日1~2杯、ヨーグルト170g~450gを摂取上限として摂取してもいいとしています。

乳製品の全て身体にとって有害だとは書いてありません。

むしろヨーグルトの摂取は、糖尿病の発生率が低くなることを示す論文もあります。


だから、量を守って摂取する分には、私は賛成です。

ですが、やはり摂り過ぎや摂りすぎる習慣があると危険だと思います。

あと牛乳もちゃんとした工程で作られている牛乳と、

大量生産している市販の牛乳とでは全く栄養価は違うという記事もありました。

なので、やはり、牛乳や乳製品のすべてを否定することは出来ません。

今後また研究が進み、常識とされていたことが変わるかもしれませんね。

3回の閲覧