『巻き肩』になっていませんか?

こんにちは!



最近は

時間をもっと大事に

自分のために使わなければ!と思い

スマホを触る時間を減らすように

努力しています(>_<)



今はスマホがなくてはならないもので

簡単には手放せない!

そんな時代になっていますよね(。-`ω-)


時間が空いた時には

いつでもどこでも使うことができる

とても便利なスマホですが

身体に悪い影響を与えてしまうのです…



その悪い影響のひとつが

『巻き肩』です!



『巻き肩』とは

肩が内側に巻いている状態で

なんとなくでも肩から腰にかけて

体の前に寄っているように見えたり

背中が丸まっているように見えていれば

すでに『巻き肩』になっているのです!


そんな風には見えない!という方でも

「隠れ巻き肩」になっていることも!

このようなタイプは

「反り腰」の姿勢になっています!



普通に立っているときに手のひらが

少しでも後ろを向いていれば

『巻き肩』といえます!



『巻き肩』によって

姿勢やボディラインなどの

見た目への影響

顔・肌のダメージ、体・心の不調

などのデメリットがあります!




生活の中には

「巻き肩になる姿勢」が

     溢れています!


パソコンを使った仕事や

勉強時のデスクワークだけでなく

台所仕事や掃除をしているとき

食事中や本や新聞を読んでいるとき

などなど・・・


一日の半分以上の時間を

前かがみの姿勢で過ごしている

という方が実は多いのです!



日常生活の中で

前かがみになりやすい動作でも

ちょっとした工夫で

前かがみの姿勢を防いだりできます!



・長時間の腕・足組や頬杖は避ける

 短時間ならまだ大丈夫ですが

 長時間は避けましょう!


・バッグの持ち方を工夫する

☆トートバッグの場合

 バッグ本体を体の真横に

 フィットさせましょう!

☆リュックサックの場合↓

 ひもを長くしすぎずに

 背中とリュックの間に

 隙間ができないように

 フィットさせましょう!

☆ショルダーバッグの場合↓

 バッグ本体を体の前に 

 持ってこないようにしましょう!


・食事のときは小皿を使う

 食器をテーブルに

 置いたまま食べると

 前かがみになってしまいます!

 小皿を使うことで食器を持って

 食べることができ

 前かがみの姿勢をせずに

 食事ができます!


・「仰向け」に寝る

 仰向けで寝ても

 ベッドの硬さや

 枕の硬さ・高さによって

 姿勢が変わってくるので

 見直してみましょう!



ストレッチなどもありますが

簡単にできることから

始めていきましょう!



常に「巻き肩になっていないかな?」と

姿勢を気にすることだけでも

かなり変わると思いますよ (^^)/


ではまた('ω')ノ





20回の閲覧